新着情報

【重要なお知らせ】「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に伴うお届け遅延の可能性について

お客様各位 平素より、大峽製鞄公式サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。 2021年7月13日(火)から9月5日(日)の期間、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」 ...

【重要なお知らせ】大雨による商品のお届けについて

平素より、オオバランドセル公式サイトをご利用いただき 誠にありがとうございます。 大雨の影響により、一部地域において、窓口業務の休止、及びお荷物のお届けに遅れが生じております。 静岡県  ...

【NEW】 凛とした印象のハンドバッグ『キリーハート』登場

スクエアなフォルムが凛とした印象のハンドバッグ「キリーハート」。 大峽製鞄の人気のハンドバッグ、「ラピン」を少しだけ大きくし、 収納力を意識したリサイズバージョンになります。 長財布やス ...

【お知らせ◆数量限定】6/25〜 『Lジップ ロングウォレット』スペシャルエディション発売のお知らせ

開閉しやすいL字のジップファスナーに、 女性の手にも収まりやすいサイズ感が人気の『1245』モデルのお財布。 大峽製鞄の人気のお財布に、数量限定のスペシャルモデルが登場しました。 北千住本店 ...

直営店情報

ご案内

<The Okura Tokyo店>は木曜日が休業日です。
東京本社直営店(北千住)・宇都宮工場直営店(上三川)は現在少人数に限ってご入店いただく方式で営業を開始させていただいております。
ご来店の際は営業日カレンダーをご確認下さい。

メモリアル・ランドセルについて

ご卒業後のメモリアルランドセルへのリメイク受付けをしております。 期間限定ですので詳しくはこちらへ。

オオバランドセル

〜御用達職人のロングセラーランドセル〜

大峽製鞄は昭和10年に誕生して以来86年、日本のランドセルメーカーの草分けとして、一切の妥協を許さない確かな品質の商品だけをお届けして参りました。長年にわたり本物の鞄を探求し続け、この間各種コンクールにおいて、文部大臣賞連続7回、通産大臣賞、東京都知事賞11回、経済産業大臣賞等、数々の賞を受賞してまいりました。 これからも皆様に愛されるロングセラー商品をお届けして参りたいと思っております。

大峽製鞄のポリシー

弊社には鞄製造における、決まりごとが有ります。

丁寧な仕事をする

丁寧な仕事とは、基本的にハンドワークと言う事です。天然の革にはそれぞれ「目」があり、あばれます。つまり、「目」に沿って曲がり、反り返り、目の間は伸び縮みします。一枚一枚性質(タチ)の違う革の目を読み、曲がりに沿って鞄のシェイプを創るには、研ぎ澄まされた指先で調整できるハンドワークしか有りません。

超一級の素材を使う

超一級の素材とは、使用する程、味わい深くなる素材の事です。通常の即製なめし革、及び人工皮革等は出来たてが一番良く、見栄えがしますが、時間経過と共に、品質劣化が始まり、持つ人にとっての充足感は薄れていきます。我々が使う「時間をかけて作り上げた革」は使う程に光沢が増し、革味が良くなり、重厚感がでてきます。

シンプルなデザインを採用する

シンプルなデザインとは必要な部位のみ取り付けて、出来るだけ無駄を省いたスタイルです。鞄を作る上では色々と装飾が付いていた方が、ごまかしが効いて仕事的に楽ですが、革味を尊重し、ハンドワークの良さを生かすには、おのずと行き着く型があり、それが弊社の定番となっています。

職人技へのこだわり

皇室の薬箱も製作している大峽製鞄は、つねに「品質と職人技」にこだわり、数々のビジネスバッグや 財布・名刺入れなどの革小物などを作り続けている日本の老舗鞄メーカーです。最高級素材の革だけを使用する「品質」へのこだわりと、手縫いをはじめとする伝統ある「職人技」へのこだわり。大峽製鞄は、この徹底したクラフトマンシップを受け継ぎ、手作りならではの美しい革製品を作り続けています。最高級のコードバンからクラリーノまで、メーカーの草分けである弊社の自慢のランドセルを初めとして、ビジネスバッグ、鞄職人の手作り革財布・革小物も注目を集めております。

商品一覧はこちら

101 MIPEL BAG SHOW

今回ミペルのBAGコンテストで大峽製鞄が『スタイル・アンド・イノベーション賞』にノミネーションされました。
390社の中から我が社の他に数社が表彰されました。これひとえに会員諸兄からのご指導のおかげと感謝申上げます。
また特別イベントのミペルファッションショーが開催され大峽製品もご覧のように出品しました。イタリア人モデルの大峽バッグの持ちこなしは大いに参考になります。

動画一覧はこちら

大峽製鞄

大峽製鞄株式会社は昭和10年の創業以来、鞄作りに携わる事80余年。長年にわたり本物の鞄を探求し続け、変わらぬもの作り哲学のもと、各種コンクールにおいて、文部大臣賞連続7回、通産大臣賞、東京都知事賞11回、経済産業大臣賞等、数々の賞を受賞してまいりました。
弊社のもの作りの原点はランドセルにあります。200以上のパーツを手作りでまとめ上げる作業は並大抵ではありませんが、「良いものを大事に使えば長く持つ」との言葉を実践していただくべく、日々努力を重ねています。ランドセルの手縫い技術は日本独特のもので丁寧な仕事と不断の鍛錬を要求されます、二本針手縫いやハンドメイドの技術を継承、発展させて総手縫いアタッシェケース、ダレスバッグ、ビジネスバッグ、財布、革小物などを製造しています。