最新情報
会社案内
製品案内
メディア
取扱い店
Webショッピング
トップ
最新情報
メンバーズルーム(会員だけのお得情報)
メンバーエントリーフォーム
ヨーロッパ・レザー特集 イタリア
ヨーロッパ・レザー特集 イギリス
ヨーロッパ・レザー特集 ドイツ
ヨーロッパ・レザー特集 フランス
プレシャス・レザー特集 クロコダイル
ヨーロッパ・レザー
次のページ

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
工場入り口

イギリスはバーミンガム郊外にあります。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2011-07-01
社長室にて。

向かって左がブライドルレザーの伝統を守り続ける先方社長、右がノーザンプトン皮革学校でキャリング製法を学んだ若社長。中央の弊社専務も180cm近い長身ではありますが、全然負けています。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-08
会談

二人とも革の話になるととまりません。
特に良い素材の薀蓄の豊富さには驚かされました。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
乾燥中の牛革

ずらりと並んだ豊富で良質な材料。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
良質原皮の故郷

画像はイギリス湖水地方の典型的な牧場、彼らが良質な英国原皮を好むのはこの環境背景にあります。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-05
キャリング製法

革の良い箇所をカットする。
鋭い目つきにご注目ください。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
キャリング製法

丁寧なハンドワークで革を円滑にしています。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
キャリング製法

ポリッシング(艶出し)の実演。一枚一枚厚みや固さを見分けながら加工しています。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
キャリング製法

ワックスを浸透させやすくするため、革の表面をバフ加工しています。
ブライドルレザー製造過程で一番難しく繊細な技量を要求される工程です。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
キャリング製法

染色するのも当然手仕事。自動スプレーマシンなどは使用しないと言うか、眼中にない様子でした。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
キャリング製法

ワックスを塗りこむ作業。
天然革は個体差がはげしいので、材料の目を読み取り塗り上げていきます。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-05
他のベテランによるワックス加工。
刷毛さばきからも熟練者の手練れの技術が読み取れます。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-07
検品

最終チェックをする品質責任者、マイケル。全ての工程にわたり「彼の貢献度大なり」と拝察した次第です。
鋭い眼光で品質管理をしています。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2014-03-25
門外不出の吟醸革 

「ケンブリッジ・タン」 と言う色です。英国の某馬具メーカーへ毎年一回だけ収めている ブリティッシュ・ブライドルレザー。英国以外への出荷は絶対にありえないとの事でした。が、弊社からの依頼に「OHBAの頼みでは仕方が無いか。。。。」で、入荷しました。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
出荷直前の「赤」。

「カバンは馬具より大きいので、貴社の分は一番良い革を厳選して出荷しています。」担当者の談ですが、見て回って出来映えの素晴らしいブライドルレザーは全部日本向けでした。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-06
出来立てのバーガンディー

このバーガンディーの仕上がりは極上でした。

英国
ブリティッシュ・ブライドルレザー・手鞣しの良さ 
2010-07-07
「とにかく一番良い革だけを出荷してくれ」と強引な依頼。

このページのトップ

TOPプライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップ個人情報に関する周知開示対象個人情報についてお問い合せ
Copyright 2002-2016 OHBA Corporation all rights reserved.