Translates into English  Translates into Japanese   サインイン
最新情報
会社案内
製品案内
メディア
取扱い店
Webショッピング
トップ
カバン
革小物
オオバランドセル
その他の商品
ショッピング・カートの中を見る
注文する
購入方法・ヘルプ

プライバシーマーク

個人情報保護方針

クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:985373171

商品番号 【 1218 】 個数
商品名 カラー
売り切れましたごの商品をリクエストする
売り切れました
グリーン 売り切れました
オレンジ 売り切れましたごの商品をリクエストする
パープル 売り切れました
アイテム ショルダーバッグ
サイズ 26cm x38cm x12cm
価格 140,400円(税込)
(本体価格:130,000円)
素材 日本製牛革
素材の解説 いま日本製品の良さが見直されています。 その源流にあるのは素材。革もその典型です。
日本でも鞣し、染色、仕上げ、全ての工程において優れた技術をもち、タンナーが製造した革。
日本の技術や感性を新たな価値として発信できる革素材として人気が集中しています。
商品の解説 東京芸大といえば、芸術を志す学生にとっては最難関校であり感性の研ぎ澄まされた若人の集団であります。
このたび、産学協同研究開発事業において、大峽製鞄が選んだのが芸大のデザインチーム。で、このチームがデザインしたのがこのランドセル型リュックで名付けて「」。研究者特有の難しい図案を我が職人がカタチとして纏め上げました。出来上がった作品の造形美というかフォームの良さにはさすが芸術家作品の雰囲気を漂わせています。
イタリアで開かれたミペルエキジビジョンにおいて、スタイルアンドイノベーション賞の入賞対象商品です。
ミラノでのファッションショーにおけるもちこなしは秀抜でした。ヨーロッパメンズモデルの画像
を参照ください。

取材記事
「イタリアで大峽製鞄入賞!」
「イタリアの国際見本市で入賞」
東京新聞「大人のランドセル」
当社ホームページにおける商品説明及び商品画像等につきましては,当社に著作権がありますので,無断転載及び無断でリンクを張ることを固くお断り致します。
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
色落ちに配慮し、背と肩紐裏はベージュです。
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
カブセ裏は豚革です
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
前のポケットにiPadが収まります。
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
中のファスナーポケットには長財布が縦に収納可能です。
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
カブセ裏の留め革をループの通して留めます
【1218】リューク ※クリックすると拡大表示します
珍しい方法ですが使いやすい留め方です。
お買い求めいただいたお客様のコメントの一部を掲載させていただいています
以前、ショーで紹介されているのをテレビで拝見してから興味がありました。時々サイトを見ていましたが、今回、在庫があるようなので思い切って注文しました。 (50代 男性: 2017年5月)
大峡製鞄スタッフから:
お待たせして申し訳ありませんでした。末永くご愛用の程をお願い申し上げます・

一目見た時からからずっと気になっていたので。 (50代 男性: 2017年5月)
大峡製鞄スタッフから:
一目ぼれは間違いなく良い買い物になります。

他社にないカラーリングだったから (40代 男性: 2017年4月)

ホームページで知り、一目で気に入りました。 (50代 男性: 2017年3月)
大峡製鞄スタッフから:
このスタイリングと機能性が人気です。

通勤用にお洒落で革のリュックを探していました。 (40代 男性: 2017年3月)
大峡製鞄スタッフから:
お洒落で革のリュック型通勤バッグはこの鞄をおいて他に類を見ません。お買い上げ有り難うございます。

はじめの発売を知らず、一目惚れで欲しいと思ったときには、売り切れていたから。 (50代 男性: 2017年2月)
大峡製鞄スタッフから:
あのスタイリング。。一目惚れするのもうなずけます。

御社の製品を幾つか持っています。こちらで購入した子供達のランドセルを見て、自分もリュックが欲しくなりました。他のメーカーのリュックを見ても今ひとつで待った甲斐がありました。 (40代 女性: 2017年2月)
大峡製鞄スタッフから:
今、人気沸騰のリューク。お子様のランドセル同様よろしくお願い申し上げます。

長く使えておしゃれなリュックが欲しかったので (50代 男性: 2017年2月)
大峡製鞄スタッフから:
おしゃれなフォームであることは間違いありませんが、じつは携帯ディバイス用のポケットがあるなど機能的であることが人気の理由でもあります。

以前からランドセル型のシックなバッグを探していたので、まさにイメージぴったりの商品でした。お色が沢山あるところも気に入っています。 (50代 女性: 2016年6月)
大峡製鞄スタッフから:
リュークを背に高原を散策されている姿が目に浮かびます。パープルカラーが周囲の緑に良く映えるかと存じます。

以前の記事で、イタリアにて賞をいただいた記事を見て一目惚れしました (50代 男性: 2016年4月)
大峡製鞄スタッフから:
レザーグッズの本場、イタリアで賞をいただけるとは思いもよりませんんでした。日本の職人の技量が欧州のそれを凌駕しているのだと思います。

新聞で紹介されていたのを見て (50代 女性: 2016年4月)
大峡製鞄スタッフから:
お陰さまで新聞やテレビで多く取り上げられています。お買い上げ有り難うございます。

長持ちしそう (20代 女性: 2016年4月)

ランドセルタイプを大人が持つことに新鮮味を感じたこと。 職業柄、手に傷を作れないのでこの鞄を最適だと思った。 (50代 女性: 2016年4月)
大峡製鞄スタッフから:
従来のハンドバッグを携えるよりこのバッグを背負うほうが活動的で、よりお洒落感を演出できるかと存じます。

待ちに待った、大人仕様のランドセル。 たいせつにしたいと思います。 (60代 男性: 2016年4月)
大峡製鞄スタッフから:
お待たせいたしました。元祖「大人のランドセル」でございます。

以前より大峡さんの製品(作品!)を愛用しております。ものが違います。リュークは一目惚れ。前回入手し損ない大後悔。ようやく手にすることができるとは嬉しい限り。他社にはできない作品、いずれも一生ものです。 (50代 男性: 2016年4月)
大峡製鞄スタッフから:
この形は想像以上に手間隙がかかるため、多くは製造できませんがその分ご満足いただけたようで嬉しく存じます。

友人が所有していて、自分も欲しくなりました。 (50代 女性: 2016年4月)
大峡製鞄スタッフから:
素敵なお友達をお持ちですね。御地ではこのバッグのオーナー多いです。

両手がフリーになる背負うタイプのカバンを探していました。もっと早く注文したかったのですが、会員番号がわからず遅くなりました。 (30代 男性: 2015年5月)
大峡製鞄スタッフから:
当方ランドセルメーカーの歴史が長く、背負う鞄に対しては一方なら無いキャリアがあり、さまざまのノウハウを持ち合わせております。両手が開く開放感を是非ビジネスにご活用ください!

日本製の良質な鞄を探していたので (50代 女性: 2015年5月)
大峡製鞄スタッフから:
日本製で良質ではありますが、その上この上なくスタイリッシュであると自負しております。オレンジのリューク、存分に持ちこなして下さい

子どものランドセルがこちらの商品で、大人用も欲しくなりました。 (40代 女性: 2015年4月)
大峡製鞄スタッフから:
大人のランドセル。機能的なランドセルをいかにファッショナブルに仕上げるか?の命題に取り組み、ミラノのコンテストで賞をいただきました。

日本製の良質な商品を探していたので。 (50代 男性: 2015年3月)

子供ランドセル購入をきっかけに自分も欲しくなりました。新聞・雑誌で見て、WEBで調べてますます欲しくなり注文しました。通勤に使うのを楽しみにしています。 (40代 男性: 2015年2月)
大峡製鞄スタッフから:
このバッグでの通勤ですか、、快適な移動になりそうですね。 知り合いのセリーヌのマネジャーはこのバッグを背に自転車でミラノの街を走っていますが、格好良かったです。

ランドセル型鞄をネット検索し、御社の製品を見つけました (70代 男性: 2015年1月)
大峡製鞄スタッフから:
>ランドセル型のバッグが注目されていますが、最近のメディアの取材陣は全員この鞄を欲しがります。。。

肘を痛め、手で持つのではなく、背負うタイプの洒落た鞄が欲しかった。 (50代 男性: 2015年1月)
大峡製鞄スタッフから:
背負うタイプのバッグは手への負担が軽減します、肘痛の全快をお祈り申しあげます。

新聞でみました 
一緒大事に使用したいです・ 色も気に入りました・ (60代 女性: 2014年11月)
大峡製鞄スタッフから:
「大人だってランドセル」という表題の新聞に掲載されて多くの反響をいただきました。
パープルの色を気に入っていただいて良かったです。お買い上げ誠に有り難うございました。

作って頂けるかどうか分からなかった時期から欲しいと伝えておりました。手元に届いて感無量です!しっかりしていてとても丁寧な縫製に大満足です。関西ではまだ見かけてませんのて優越感に浸りながら使ってます。ありがとうございました❗ (50代 女性: 2014年7月)
大峡製鞄スタッフから:
関西では初めての展開です。 大げさに言えば東京とミラノでしか販売していなかった商品、御地では希少性があるかも知れません。

ホームページで見かけたときから気になっていましたが、売り切れだったことと気軽に買える値段ではなかったこと、先日貴社の別の鞄を購入したばかりであることから躊躇していました。ただなかなか入手できない鞄であること、貴社では数少ないリュックタイプの鞄であることから、思い切って注文することにしました。 (40代 女性: 2014年7月)
大峡製鞄スタッフから:
一期一会との言葉もあります。ご購入の決断は正しかったと保証いたします。両手の使えるバッグは使用した人にしかわからない利便性があります。

前回商品発表なった時に迷っているうちに完売となり、三越などに問い合わせに行ったりしたが注文が終わっていた状況であった。リクエストになったら必ず買うと決めていました。後首のヘルニアになってしまい手荷物を持つことが負担が大きくなったのでおしゃれなリックを待ち望んでいました。リクエストにこたえていただき感謝しています。 (50代 男性: 2014年7月)
大峡製鞄スタッフから:
体に負担が無くお洒落に振舞える。このようなかたちで貢献できるとは思いもよりませんでした。使っているユーザーに聞きますと、「もう手放せない!」と良く耳にしますが理由が分かったような気がします。

以前から御社の製品を購入を希望していましたが、雑誌でリュークの販売を知り、購入したいと思いました。 (60代 男性: 2013年11月)
大峡製鞄スタッフから:
東京藝術大学と大峽製鞄のコラボレーション。 そのデザインとこしらえの良さでファッション誌の最高峰、ボーグにも掲載されました。

忙しくて取りに行くのが遅くなりました (50代 男性: 2013年3月)
大峡製鞄スタッフから:
お忙しい中、ご注文をいただき誠に有り難うございました。それにしてもこのワインは至色ですネ。

結婚記念、クリスマス、誕生日プレゼントとして購入 (40代 男性: 2013年2月)
大峡製鞄スタッフから:
ずいぶん多方面の贈り物としてご活用いただいているで有り難く存じます。これを颯爽ともちこなす姿は粋で、洒落た雰囲気満点かと想像いたします。お買い上げ有り難うございます。

大人のランドセル!!待ってました! しかも大峽製鞄さんがやって下さるとは!! まさに待望の商品です。 期待しています! (50代 男性: 2012年11月)
大峡製鞄スタッフから:
大人のランドセルの源流は実は大峽製鞄にあります。弊社専務と懇意の作家、佐藤隆介氏に懇願されお創りしたのが初めてで、外ポケットには銀のキットル付き、いつでもウィスキーがとりだせるというランドセルとしては違反の商品でした。 旅の拘り、男の流儀

貴社ホームページ「最新情報News」735(2011-12-19配信)にて知り、以前よりデザイン性が高くかつ高品質のショルダーバッグもしくはリュックサックを購入したいと思っており、その要望に適合した製品が発売されたため。 (50代 男性: 2012年11月)
大峡製鞄スタッフから:
東京芸大のデザインチームと大峽製鞄のコラボレーションがうまく機能し、海外での入賞とか各メディアでも報道されました。これひとえに皆様のご支援のおかげと感謝しております。

TOPプライバシーポE掘このサイトについてサイトマップ個人情報に関すE知開示対象個人情報についてお問い合せ
Copyright 2002-2017 OHBA Corporation all rights reserved.